>

おでこの広さでも似合う前髪がある

おでこが狭い人の前髪の作り方

おでこが狭い人も前髪ありのヘアスタイルがお勧めです。
ただし、おでこが狭い人が広い人と同じように前髪を作ると、前髪が短すぎて浮いてしまったり、巻くことが出来ない場合があります。
おでこが狭い人の前髪の作り方としては、前髪を作るのは頭頂部からということです。
頭頂部から前髪をつくることにより、額と髪の毛の境目がわからずおでこの狭さを隠すことができますし、前髪を重くすることにより、おでこが広く見えます。

最後に前髪ありでもなしでも似合うのが「たまご型」の輪郭の人です。
全体がきれいな楕円形をしており、優しく柔らかな印象をうけるたまご型の人は、前髪ありでもなしでも似合うので、その時の気分でヘアスタイルを決めることができます。

より魅力的にするために

輪郭により前髪「あり」が似合う人と「なし」が似合う人がいますが、これはあくまでも一般論でしかありません。
たとえ輪郭が似ていても目が二重ではっきりした人もいれば一重の人もいるでしょう。
顔立ちによっても同じ輪郭でも童顔であったり大人顔だったりしますので、似合うヘアスタイルも変わってくるのではないでしょうか。
また、顔だけでなく洋服の好みなど、全体の雰囲気でヘアスタイルを決める必要があるのではないでしょうか。
女優さんやモデルさんの中には、コンプレックスと言われるエラの張った頬や狭いおでこなどを隠すことなく、かえって魅力としている人も沢山います。
似合うヘアスタイルとは単純にコンプレックスを隠すだけではなく、より自分を魅力的に見せるヘアスタイルのことなのでしょう。


この記事をシェアする